上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
まりもるニュース 国際

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告  TOP

法務省、シー・シェパード活動家の入国を拒否

1: :2015/01/05(月)09:21:47 ID:

日本に活動家を派遣し、和歌山県太地町のイルカ漁への妨害を続ける団体
シー・シェパード(SS)について、法務省が治安を乱す恐れがあるとして、
リーダー格の活動家らの上陸を拒否していることが分かった。

入管難民法に基づく措置で、適用された者は十人前後に上るという。
活動家の来日は年間100人を超えるなど増加傾向にあり、現行法では対応できない
嫌がらせも相次いでいる。
与党議員らが対策法の整備に向けて検討を進めている。(佐々木正明)

入国管理当局が入国を拒否したのは、平成22年にSSが本格的な妨害を始めた際、
団体幹部として太地町に派遣された米国人男性や南アフリカ出身の女性ら。
先月にはリーダー格の米国人女性も成田空港で入国を拒否された。

警察庁は、妨害活動を行う外国人をリストアップ。
入管当局と連携し、観光などと目的を偽って来日する人物の監視を強めている。

SSは太地町を標的にすることで寄付金収入を拡大。
フランスに逃亡している創始者のポール・ワトソン容疑者が、公式サイトなどで
妨害に加わるよう支持者らに呼びかけている。

来日する活動家は年々増え、関係者によれば23、24年の漁期
(9月から翌年春ごろまで)は50人前後だったが、25年の漁期には100人を突破。
米国、オーストラリア国籍が中心だが、欧州やアジアなども含め
出身国は25カ国以上に上るという。

活動家は漁の様子をネット上で生中継したり、漁師の顔写真や私生活を
公開したりして、「虐殺」「人間以下」などと批判。
漁師の小学生の娘に付きまとい、「父親はイルカを殺している」と伝えた者もいるという。
フェイスブックの首相官邸の英語版サイトにも、SS支持者のものと思われる
批判的な書き込みが目立っている。

http://www.sankei.com/world/news/150105/wor1501050004-n1.html
※全文はソース元参照

カッコカリ◆p7DTtS8EBc
@kakkokari_kyoto

続きを読む »

スポンサーサイト

2015/01/05 17:52 | 国際COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

SNSで批判コメントを投稿した人物を社会的に罰する法案がアメリカで可決される

1: :2014/12/17(水)00:39:08 ID:
【悪口禁止】SNSで批判コメントを投稿した人物を社会的に罰する法案がアメリカで可決される

インターネットに誹謗中傷は付き物だ。コメントを自由に投稿できるソーシャルメディア上では、
無責任な意見を並べ立てるユーザーの罵詈雑言が溢れかえっている。
根も葉もない風評被害や犯罪予告など、あまりにも度を越した書き込みであれば
告訴することもできるが、大抵の場合は無視するしか対抗策が無い。
批判コメントの問題は、世界中のネットユーザーにとって悩みの種だった。
そして遂に、SNS上の批判コメント粛清に政府が動く事態となった。
アメリカのペンシルベニア州ピッツバーグにて、ソーシャルメディア上での批判コメント投稿を
全面的に禁止する法案が可決された。

ピッツバーグの市議会関係者は、ソーシャルメディア上で拡散される悪意に満ちた
デマ情報に長年悩まされてきた。
そこで考案されたのが、インターネット上での批判コメント禁止法案だ。

この法案は、政治家、経営者、建築家など役職を問わず全てのネットユーザーを対象に、
ピッツバーグ市およびその住民に関するあらゆる批判コメント投稿を
無条件で禁止するものである。
書類に同意のサインを行った時から適用され、FacebookやTwitterに代表される
大手SNSはもちろんのこと、掲示板サイトや個人所有のブログも監視対象となる。
もしも違反すれば、懲戒免職を含めた社会的制裁を下すことができるという。

言論の自由に反する法案ではないのかという反発の声もあがったが、
「この法案は投稿可能なコメントを制限することで公人への個人攻撃を
 是正することを目的としており、市民の発言権を侵害するものではない。」
と関係者は力説。12月の議会にて4対1の比率で法案が可決される結果となった。

続き 秒刊サンデー
http://www.yukawanet.com/archives/4794658.html

続きを読む »

2014/12/17 17:33 | 国際COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

韓国人歌手“入国拒否”で韓流スターに広がる「来日ボイコット」

1: :2014/11/19(水)18:38:53 ID:
 11月9日、羽田空港に到着した韓国人歌手、イ・スンチョル(48)が、
入管で入国を拒否されて強制送還された。

 スンチョルは85年にデビュー。日本ではほぼ無名だが、韓国では名実ともに国を代表する
トップクラスの歌手だ。
今回、彼は1週間の観光目的で妻と来日。妻ともども入国を拒否されたという。

スンチョルは今年8月15日、日本からの独立を祝う光復節に竹島へ渡り、
南北統一を願う歌『その日に』を発表した。韓国音楽関係者はこう語る。

「彼は“反日アピール”などせずとも売れているし、もともと政治的な人ではないんです。
 竹島公演も招かれて歌っただけ。今回は観光目的だったのにかわいそうです」

 スンチョルの入国拒否が明らかになったこの1週間、
「国民全体が辱めを受けたも同然」と韓国世論は沸騰。今回の“入国拒否”に発した
新たな“反日”の輪が韓流タレントに広がり始めているという。

続き ライブドア/女性自身
http://news.livedoor.com/article/detail/9484527/

関連
【国際】日本を批判してみたが・・韓国の入国拒否は年間10万人超と判明、
 韓国ネットは「こりゃ…逆王手だな」「我々に最も足りないのが…」 [H26/11/15]
http://uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1416048235/l50
【政治】菅官房長官「竹島は無関係」 韓国人歌手の入国拒否で [H26/11/12]
http://uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1415798714/l50

続きを読む »

2014/11/20 18:21 | 国際COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

メキシコ学生43人失踪事件、地中から新たに多数の遺体

1: :2014/10/29(水)00:44:31 ID:
【AFP=時事】メキシコ南部ゲレロ(Guerrero)州イグアラ(Iguala)
で9月下旬に学生6人が殺害され、43人が行方不明となっている事件で、
現地検察当局は28日、地中に多数の遺体が埋まっていた場所を新たに
発見したと発表した。現場は学生たちが失踪したイグアラから近い町
コクラ(Cocula)だという。

 これまでにもイグアラ周辺で38遺体が埋まった場所が発見されている。
しかし28遺体の検査を終えた段階では、失踪した学生の遺体は含まれていない。

 一方、ヘスス・ムリジョ・カラム(Jesus Murillo Karam)連邦検察庁長官によると、
学生たちの失踪に直接関与した容疑で麻薬密売組織
「ゲレロス・ウニドス(Guerreros Unidos)」のメンバー2人が27日、逮捕された。

続き ライブドア/AFPBB
http://news.livedoor.com/article/detail/9408493/

関連
【国際】メキシコの学生失踪事件、市長夫妻が麻薬密売組織に引き渡す [H26/10/24]
http://uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1414080560/l50

続きを読む »

2014/10/29 12:47 | 国際COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

米国 体重363kgの遺体を火葬→大量の高温油脂で火事

1: :2014/10/10(金)18:38:42 ID:
米国 体重363kgの遺体を火葬して火事

8日に米国バージニア州リッチモンド南部の火葬場で不思議な火災が起こった。
体重363kgの遺体を火葬していたところ、大量の高温油脂が出て、
それが煙突から噴き出されたことで、火葬場付近の屋根から発火した。

通報を受けた地元消防隊は数分後に駆け付け、鎮火した。
今回の事故で、死傷者はいなかった。

続きはこちら ライブドア/XINHUA.JP
http://news.livedoor.com/article/detail/9346036/

米国 体重363kgの遺体を火葬して火事

続きを読む »

2014/10/11 11:10 | 国際COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

村人がエボラ出血熱の啓発活動中だった記者ら7人を殺害…ギニア

1: :2014/09/19(金)13:43:07 ID:

★エボラ出血熱の啓発活動中に7人殺害、記者3人も-ギニア
新華ニュース 2014年09月19日12時14分

ギニア当局は18日、同国南東部の村に派遣されてエボラ出血熱に関する
知識と理解を深めるための啓発活動をしていた7人は村民らに襲われて死亡したと発表した。
被害者は記者3人も含む8人だと伝えたているメディアもある。

ギニア政府報道官は、7人は「村民らに残忍に殺害された」と非難した。
被害者の遺体は小学校の浄化槽から発見された。
殺害原因は不明だが、エボラ出血熱で苦しめられている村民らは、
政府や国際社会を信用していない。
エボラ出血熱の感染拡大は、村民の猜疑心と過激行動を煽っているとみられる。

ロイターはギニア政府当局者の話を引用して、記者3人を含む
8人の遺体が発見されたと伝えた。浄化槽から8人の遺体を発見し、うち3人は喉が切られていた。

国連安保理は同日、エボラ出血熱の流行は世界の平和を脅かしているとして、
西アフリカ諸国に緊急援助を提供するよう呼びかけている。
安保理が公衆衛生事件について決議を採択したのは初めてだ。
これまで2回の採択した類似する決議は、エイズに対するものだ。

http://news.livedoor.com/lite/article_detail/9270043/

続きを読む »

2014/09/20 20:59 | 国際COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

カナダの「女体盛り」サービスが物議 企業は日本の伝統と紹介も、女性団体など猛抗議

1:2014/09/18(木)10:33:11 ID:

カナダのバンクーバーで、いわゆる「女体盛り」を提供する
寿司のケータリングが物議をかもしている。
会社側は日本の伝統として紹介しているが、地元の女性団体がネット上で署名活動を行うなど、
批判が高まっている。また衛生面の問題も指摘されている。

【寿司の女体盛り】
『IBTimes』によると、トロントに拠点を置くケータリング会社『Naked Sushi』が
上述のサービスを始め、最近バンクーバー地域に紹介された。
カナダ、アメリカでファンが増えているという。同社はFacebook上で、
「プロフェッショナルなスタッフとモデルが、伝統的な日本の優雅な雰囲気を演出し、
 あなたのイベントを忘れられないものに」と紹介している。

寿司は必ず箸を使って取ることがルールで、モデルに触ったり話しかけたりすることは
禁止されている。わいせつなコメントやジェスチャー、箸でモデルをつつくなども言語同断だ。

同社HPによると、価格は1人あたり20ドル~85ドルとのこと。チーム力強化などを理由に、
ビジネス関係の食事にサービスを利用する企業が増えているという(IBTimes)。

【抗議者の見解】
カナダの女性団体は、これについて、女性の体を物として扱い、
女性の性的な役割を強調するものとして、同社を非難している。

キャンペーン組織『SumOfUs』は、社会面、健康面での疑問を投げかけ、
ネット上での署名活動を始めた。健康を管理する各省庁に問題の会社を閉鎖するよう
訴えているという。
抗議者のひとりは、
「性差別的であるだけでなく、あまりに低俗」とコメントしている。
またヴィクトリア大学のJanni Aragon准教授は、サービスが特に女性社員にとって
居心地の悪いものである、とのコメントをナショナル・ポスト紙に寄せた。

続きはこちら NewSphere
http://newsphere.jp/entertainment/20140917-4/

続きを読む »

2014/09/18 19:12 | 国際COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

東京のすし店がカエルの活き造りを提供、「動物虐待」と批判される―英紙

1: :2014/08/24(日)12:10:46 ID:
画像




東京のすし店がカエルの活き造りを提供、「動物虐待」と批判される―英紙

20日、東京・新宿にある独特のすし店が、生きたアカガエルの皮をはいで首を落とし、
肉を刻んで刺身にしていることから批判を集めている。
2014年8月20日、英紙デイリー・メールによると、東京・新宿にある独特のすし店が、
生きたアカガエルの皮をはいで首を落とし、肉を刻んで刺身にしていることから批判を集めている。
同店で生きたカエルを刺身にする映像がインターネットに掲載されると、
ネット利用者から「動物虐待だ」と非難が集中した。国際在線が伝えた。


映像によると、生きたまま皮を剥かれたカエルが氷の上に置かれ、体の肉は切り刻まれ、
醤油やレモンとともに食用に提供されている。
調理師は包丁で素早くカエルを捌いて殺しているものの、
映像ではカエルの足が動いているのが捉えられている。
単なるカエルの神経と筋肉の収縮反応に過ぎないのかもしれないが、
見たところまるでカエルがまだ生きていて、皿から逃げようとしているかのように見える。

米ニューヨークの日本料理店調理師Mamie Nishide氏は、
こうしたカエルの活き造りは日本の典型的な料理ではないとし、
「これが日本人が好む食事だと思って欲しくない。これは違うし、人に奇怪な感じを与えるものだ」
と述べた。

新宿の同すし店はこれまでにもブタの睾丸やヘビ酒、焼きイモリといった・・・、

◎全文は下記からどうぞ。

livedoorニュース 8月24日付け
http://news.livedoor.com/article/detail/9177249/

続きを読む »

2014/08/24 22:44 | 国際COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

“プールで排泄物”流行に警告、英国人観光客に問題多発でホテル激怒

1: :2014/08/14(木)20:10:45 ID:

紅海を望むシナイ半島南端にあり、エジプトのリゾート地として知られる
シャルムエルシェイク。そこのあるホテルでは、ここ数年、英国人観光客による
困った問題が多発しているという。
周りがパニックになるのを見て楽しもうとして、プール内で排泄する人が後を絶たず、
今年もすでに複数回の被害に遭ったこのホテルでは利用者に注意を促すと共に、
問題行動を起こした場合には罰金を求めるなどと記した警告文書の配布を始めたそうだ。

英紙メトロやデイリー・ミラーなどによると、利用者の問題行動に頭を痛めているのは、
シャルムエルシェイクにあるリゾートホテル「ホリデーヴィレッジ・レッドシー」。
このホテルでは最近、プール内で排泄物が見つかる事例が多発しており、
今年も「数週間の間に9回」(英紙デイリー・メールより)起きて一時閉鎖する事態になったそうだ。

その度に、従業員たちがプールを丁寧に清掃消毒するハメになる上、
ホテル側には健康被害を訴える利用者も続出。英国の旅行代理店関係者の間でも、
相次ぐこのトラブルは「コード・ブラウンズ」と呼ばれ、問題視されているという。

事情に精通する英国の弁護士は、こうした行動をしているのは
「10歳くらいの子ども」を含む英国の若者が中心と説明。

続きはこちら ナリナリドットコム
http://www.narinari.com/Nd/20140827449.html

依頼です。
◆◆◆ニュー速+ スレ立て依頼所 4◆◆◆
http://uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1404577774/677

続きを読む »

2014/08/15 07:57 | 国際COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

日本人作の巨大公共アート、豪シドニーで賛否両論

1: :2014/07/30(水)13:59:10 ID:
オーストラリア・シドニー(Sydney)で29日、同市の目抜き通りへの設置が
計画されている日本人建築家の巨大パブリックアート作品が発表された。
だが、作品が同市の評判を上げるだろうとの声が上がる一
方で、「ばかばかしい」との批判も上がっており、
作品の評価は真っ二つに分かれている。

東京を拠点に活動する建築家の石上純也(Junya Ishigami)氏が
デザインを担当する高さ50メートルの鋼鉄製のアート作品
「クラウド・アーチ(Cloud Arch)」は、同市中心部のビジネス地区や街路、
公園の美化計画の一環として、ジョージ通り(George Street)をまたぐように設置される予定。

ほかにもエジプト出身の芸術家ハニー・アルマニアス(Hany Armanious)氏が手がける
高さ14メートル近い巨大なミルク箱のようなパビリオンや、英国の著名な芸術家
トレイシー・エミン(Tracey Emin)氏による鳥をモチーフにしたブロンズ製の
インスタレーション作品の設置も発表された。
プロジェクトの予算総額は930万豪ドル(約8億9000万円)ほどになるという。

だが、「クラウド・アーチ」のデザインについては誰もが納得しているわけではない。
鋼板を二つの方向に曲がりくねらせながら細く延ばしたようなその外観は、
ジェットコースターのコースや、糸ようじ、さらにはスパゲティの麺など、
さまざまなものに例えられている。

マイクロブログのツイッター(Twitter)上では、
「市中心部に新しく設置される作品は、とんでもなくばかばかしい。
 市が選んだ最高のものがあれか?」
との投稿や、アルマニアス氏の作品について
「あの『ミルク箱』は全く滑稽だ」とのコメントもみられた。

続きはこちらから↓AFP
http://www.afpbb.com/articles/-/3021765

画像

続きを読む »

2014/07/31 02:10 | 国際COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

アップル「どうぞ真似してください」、サムスンの独創性を批判する広告を展開

1: :2014/04/26(土)14:01:54 ID:

アップル「どうぞ真似してください」、サムスンの独創性を批判する広告を展開=韓国

2014-04-23 11:30
米アップルが4月22日の地球環境について考える「アースデイ(地球の日)」に、
「どの企業にも真似してほしいアイディアがある」とのキャッチフレーズを記した全面広告を、
米国や英国などの主要日刊紙に掲載した。複数の韓国メディアが23日、報じた。

アップルは同広告で「どの企業にも真似してほしいアイディアがある」、
「すべての人が環境を大切にすることは、すべての人の利益でもある」と説明した。
さらに自社のデータセンターが再生可能エネルギーのみで稼働し、
製品から有害物質を除去したことを紹介しながら、他の企業にも「真似して欲しい」と主張した。

広告には、アップルのデータセンターにある超大型の太陽光発電施設の写真が掲載されている。

詳細のソース
http://news.searchina.net/id/1530653

続きを読む »

2014/07/30 19:56 | 国際COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

【中国】 突然、川の水が血の色に…真っ赤に染まり、地元は騒然

1: :2014/07/27(日)02:05:09 ID:

河川がいきなり血の色に。

中国浙江省の温州市で、大きな河川が突然血のような色を呈したとして、
住民の間に不安が走っている。
中国では2012年にも揚子江で河川の色が赤く変化したことが問題視されていたが…。

都市部を流れる河川、地下水の本当に多くが汚染されていると言われる中国。
それでも「見た目や味には変化がないし、お腹も壊していない」と言って、
今も大変な数の人々がその水を摂取しているため、いつどのような健康被害が出るものかと
世界中の専門家らが警戒感を抱いている。

そんな中、中国浙江省の沿岸部にあたる温州市で24日朝、
東シナ海に流れ込む川の水が血液かと思うような濃い紅色に
いきなり変化したことが伝えられている。朝4時までは普通だったのに、
6時には真っ赤になっていたとのこと。
川沿いに暮らす人々は異臭がすると訴え、高齢者は
「こんな光景はかつて見たことがない」と話している。
考えられるのは汚染物質まじりの工業排水だが、
付近にそうした工場は存在せず、薬物や着色料の不法投棄もなさそうだとして、
市の環境保護当局が現在水質調査を行っている。

(2014年7月26日 exciteニュース) 
http://www.excite.co.jp/News/world_clm/20140726/Techinsight_20140726_93207.html

画像





続きを読む »

2014/07/27 20:02 | 国際COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

「外国人は生活保護対象外」判決、海外が批判 “税金払っているのになぜ?”

1: :2014/07/23(水)20:41:45 ID:
★「外国人は生活保護対象外」判決、海外が批判 “税金払っているのになぜ?”
NewSphere 2014年07月23日18時00分

日本国内の外国人住居者は、たとえ永住資格を持っていても生活保護の
対象とならないとする判断を最高裁判所が示した。
憲法でも生活保護法でも「国籍」についての言及がなされていない現状で、
どのような判断が下されるのかが、注目されていた。

現在、日本に住む外国人が、生活に困窮した場合、人道上の観点から、
自治体の裁量で生活保護が支給されている。

【裁判の経緯】
訴えを起こしていたのは、大分市に住む82歳の女性。この女性は、日本で生まれ育ち、
生涯を通じて税金を納めてきたという。2008年に大分市に対して、生活保護の申請を行ったが、
十分な貯蓄があるとして認可されなかった。
これに対して、女性は市に取り消しを求め提訴。
市の裁量で生活保護の受給は認められたが、永住外国人にも
法的な受給権があるとして争ってきた。

2010年、大分地方裁判所での第一審は女性の訴えを退けたが、
福岡高等裁判所が、生活保護法では永住外国人も公的援助を受けられる権利があるとして、
2011年に訴えを認めた。
今回の「法律が保護の対象とする国民に外国人は含まれない」とする最高裁の判決は、
それを覆すものとなった。

【海外メディアの声】
この判決に対し、外交ニュースサイト『ディプロマット』は、長期外国人住居者あるいは、
永住外国人にとっては深刻な問題だと指摘。税金を課せられている人間が、
支払った税金でまかなわれた資金に対し、必要な時に、法的手段を主張できないのは
おかしいのではないか。
また、セーフティーネットが認められなければ、立場の弱い外国人がさらに孤立し、
将来的には社会不安につながりかねないとしている。

香港のサウスチャイナ・モーニング・ポスト紙は、この判決は明らかに、
地方自治体が外国人住居者への支援を停止できる法的権利を与えるものであり、
多くの自治体が財政危機にある現在、その権利を実行する危険性が高くなるとして、
強く批判している。
ただ、日本のメディアや自治体関係者は、生活保護に関する規定を変える考えはないとしている。

【国内の声】
国内メディアでは今回の判決について、安倍内閣が推し進める経済政策に
ブレーキをかける恐れがあるのではないか、という声が上がっている。
成長戦略の一環として、海外から有能な人材を呼び込もうとしているが、
法的な保障がない状態で税金だけ支払わされるのでは、日本に来ようとする外国人が
いなくなるのではないかと指摘している。同様の指摘は海外メディアでもなされている。

人口減少に歯止めがかからない日本にとって、労働力、税金納入者の確保は
重要課題であるだけに、今回の判決がどの程度影響をあたえるのか、注目される。

http://news.livedoor.com/lite/article_detail/9072402/

関連
【在日特権】永住外国人への生活保護、現状は「支給」、
難民にも…受給世帯年々増加、自治体の財政を圧迫[07/19]
http://uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1405763049/l50

【韓国】日本の最高裁「外国人は保護する国民ではない」
…判決に非難と憂慮があふれ、NHKは「外国人の生活保護のための法改正が必要」
と報道した(中央日報)[07/23]
http://uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1406093730/l50

続きを読む »

2014/07/24 05:52 | 国際COMMENT(1)TRACKBACK(0)  TOP

なぜわが国を侵略した日本の好感度が世界4位なのか…香港メディア、各国の親日に不満

1: :2014/07/22(火)01:54:28 ID:

★なぜわが国を侵略した日本の好感度が世界4位なのか
 =中国は国民の素養に改善の余地あり―香港メディア

Record China 2014年07月21日11時49分

2014年7月13日、国際競争の激化にともない、国家のイメージが
国際関係で果たす役割が日増しに顕著になってきている。中国も自国の
イメージを重視するようになっているが、英BBCが発表した2013年度の
国家イメージ調査によれば、中国のイメージは悪化している。
なぜ中国や米国の好感度はドイツや日本に敵わないのだろうか。
香港・鳳凰衛視は「寰宇大戦略」という番組でこの問題について検討した。
以下はその概要。

BBCは世界25カ国で2万6000人以上を対象にアンケート調査を行った。
その結果、米国と中国の好感度はそれぞれ8位と9位だった。
上位はドイツ、カナダ、EU、日本となり、日本は中国より上に位置している。
英国、フランス、米国も下位に位置し、中国はその下に位置する。

日本が4位だという結果は、われわれの神経を逆なでする。
私たちは、日本が第二次世界大戦で大きな傷跡を残したと認識している。
だが、日本のイメージが上位に位置している一番重要な要因は、
一般国民が高い素養を持っていることだろう。
控えめで、マナーを順守する姿勢は、普通の人にできることではない。

わが国は孔子学院などを作って努力しているが、
海外旅行をする中国人の行動は人々のわれわれに対する見方に大きな影響を与えている。
経済の分野では中国は大きな成果を上げているが、国民の素養という面では
大きな改善の余地がある。(翻訳・編集/岡本悠馬)

http://news.livedoor.com/lite/topics_detail/9064034/

続きを読む »

2014/07/22 19:23 | 国際COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

【米国】飛行士がピンポン玉3000個を高速道路に投下

1: :2014/07/20(日) 13:56:40.62 ID:

米国の飛行士が誤ってピンポン玉を高速道路に投下

【参考消息網】 ドイツ通信社は7月16日付けでアイダホ地方紙を引用して、
米国の飛行士が数千個に上るピンポン玉を誤ってアイダホ州の州間高速通路に投下したと伝えた。

これは12日にボイシから東へ420km離れた、ブラックフット北部の州間高速通路で発生した。

飛行士の友人によると、飛行士はブラックフットで年に1度開催される祭に3000個の
卓球ボールを投下すべきだったが、風向を間違えたようだ。

ブラックフットの住民は「ユーモアだ。子供と大人たちが高速道路でピンポン玉を拾った」
と言っている。

(翻訳 崔蓮花)
http://news.livedoor.com/article/detail/9061745/

続きを読む »

2014/07/20 15:57 | 国際COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

【画像あり】恒例のミスコン「ミスコリア」、決勝進出50人の顔が「みんな同じだ」と、失望の声

1: :2014/07/17(木)14:18:36 ID:
韓国のミスコンテスト「2014 ミスコリア選抜大会」が15日、
ソウルで開催され、22歳の大学生、キム・ソヨンさんが優勝した。

ネットユーザーたちの間では、「決勝に進出した50人の顔立ちがみんな同じだ」と、
失望の声も広がっている。
美容整形の技術が発達していることで知られる韓国。
ありのままの美女を探すのは難しいということか・・・。

中国ニュースサイト・駆動之家が16日伝えた。
http://www.xinhua.jp/socioeconomy/photonews/389315/



続きを読む »

2014/07/18 03:34 | 国際COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

【米国】息子を撃った84歳男性、孫に撃たれ死亡

1: :2014/07/09(水)18:05:21 ID:

米で、息子をピストルで撃った84歳の男性が、
11歳の孫に散弾銃で撃たれて死亡する事件があった。
警察は、少年が父親を守るために祖父を撃ったとみて調べている。


事件はノースカロライナ州北部キトレル(人口約500人)で7日夜に発生した。
けんかについての通報があり、捜査員が駆けつけたところ、
2人が撃たれているのを発見した。

1人はこの家に住むロイド・ウッドリフさん(84)で、
12ゲージの散弾銃で撃たれており、間もなく死亡した。
ウッドリフさんの息子のロイド・ペイトン・ウッドリフさん(49)は
22口径のピストルで撃たれていた。現在、病院に入院している。

これまでの調べによると、ロイドさんが息子のロイド・ペイトンさんを撃ち、
父親を撃たれた11歳の孫が祖父のロイドさんを撃ったとみられる。

一部省略、ソース:CNN
http://www.cnn.co.jp/usa/35050586.html

続きを読む »

2014/07/10 04:38 | 国際COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

日本の捕鯨、“脅してでもやめさせろ” ニュージーランド野党が過激批判

1: :2014/07/09(水)09:56:47 ID:

7日、安倍首相がニュージーランド(NZ)のジョン・キー首相と
の会談で、「捕鯨調査の再開」を発言したことで大きな波紋を呼んだ。

発端は6日から始まったオセアニア3ヵ国
(ニュージーランド、オーストラリア、パプアニューギニア)訪問で
最初の訪問国であるNZのキー首相との会談で安倍首相が南極海での
捕鯨再開への意欲を明らかにしたからだ。

反捕鯨の立場を取っているNZはオーストラリアと共に、日本の捕鯨調査は
国際捕鯨取締条約違反だとして南極海での捕鯨中止を求め
国際司法裁判所(ICJ)に提訴していた。ICJは3月31日、日本の主張を退け、
国際条約違反としてNZとオーストラリアの訴えを支持する判決を下した。

そのような背景がある中、NZ公式訪問としては12年ぶりとなる首相の
“意欲発言”に対して、NZ公共放送局『ABC』や国営ラジオ放送局
『ラジオ・ニュージーランド』などのNZメディアが取り上げている。

【キー首相の発言はあまい!と国内からの声が】

「いかなる種類の捕鯨にも反対する」
と言ったキ―首相の発言に関し、クジラ虐殺に対するニュージーランド人の嫌悪感を
表現するのに必要最低限しか言わない、と緑の党がキー首相を批判したことを
国営ラジオ局『ラジオ・ニュージーランド』が報じている。

続きはこちら NewSphere
http://newsphere.jp/world-report/20140708-6/

続きを読む »

2014/07/09 21:13 | 国際COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

「イケメン」容疑者が話題に、モデル転向勧める声も

1: :2014/06/24(火) 17:28:59.25 0.net ID:

[ロサンゼルス 20日 ロイター]
- 米カリフォルニア州北部ストックトンの警察が逮捕した容疑者の顔写真が、
「ハンサム」だとしてインターネット上で話題になっている。
警察当局のフェイスブック上では、同写真に6万4000を超える「いいね!」が付いた。

ストックトンの警察は18日、犯罪多発地域で行ったギャングの一斉検挙で
ジェレミー・ミークス容疑者(30)を逮捕。
警察のスポークスマンは「残念なことに、この写真はストックトン警察が2012年3月に
フェイスブックのページを開設して以降、最も注目を集めた投稿になっている」と語った。

フェイスブック上では、この写真に1万8000件を超えるコメントが寄せられていおり、
「ハンサム」や「セクシーで夢のよう」といった書き込みのほか、
犯罪者からモデルに転身すべきとの意見も多い。

警察は、地域で強盗や銃撃事件などが急増したのを受けて一斉捜査を実施し、
ミークス容疑者が車中に銃を所持しているのを発見して逮捕した。

同容疑者は、現地テレビ局のインタビューで、以前はギャングの一員だったが、
今は足を洗ったと説明。
「(ネット上での人気には)感謝しているが、これが本当の自分ではないことを知ってほしい」
と語った。


Reuters
http://jp.reuters.com/article/oddlyEnoughNews/idJPKBN0EY0HY20140623

続きを読む »

2014/06/25 10:04 | 国際COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

恐怖の女ハンニバル。71歳妻、80歳夫を殺して調理

1: :2014/06/22(日)15:14:08 ID:

★【EU発!Breaking News】
恐怖の女ハンニバル。71歳妻、80歳夫を殺して調理。(仏)

Techinsight 2014年06月21日19時45分

なぜかヨーロッパで多発するカニバリズム(人肉嗜食)が目的の殺人事件。
フランスでまたしても起きたようだ。しかも犯人は高齢の妻。
80代の夫を殺害してその体を切り刻んだのである。

今年5月、ベルギーに隣接するフランス北部のロンウィという町で、
年金暮らしを続けていた80歳の男性が71歳の妻に殺害される事件が起きた。
妻は息絶えた夫の体を切断し、内臓を取り出して調理。なんと自分の口に運んだのであった。
その裁判がこのほど行われたが、検察官や裁判官、そして担当した弁護士も
その極めて異常な精神状態と常軌を逸した行動に青ざめてしまったという。

裁判で被告人である妻について明らかになったのは、
スパイスをすり潰すために使用していたすり鉢で夫を撲殺し、
殺害の目的はずばり「カニバリズム(人肉嗜食)」であったということ。
隣人が異変に気付いて通報したものの警察官が駆けつけたのは翌朝で、
その時すでに夫の遺体はバラバラに切断され、妻は血まみれの手と顔で
「鍋に心臓、鼻、睾丸などを入れて調理した」
と供述したほか、お皿には肉料理が乗っていたという。

被告人である妻についたカロリーヌ・ドゥプレ弁護士は、
「彼女は長く精神疾患に苦しんできました。幻覚、妄想が狂気に変わった極端な行為です」
と弁護。その後、妻は刑務所内の精神科病棟に収監されて専門的な検査が続けられている。
フランスでは昨年11月、南部オート=ピレネーで、ホームレスの26歳の男が
90代の年金生活者の男性宅を放火で殺害し、遺体から心臓と舌を取り出して食べたとして
逮捕されていた。

http://news.livedoor.com/lite/article_detail/8963178/

続きを読む »

2014/06/22 21:16 | 国際COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

ブログパーツ
■■■■新着記事■■■■
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
 | BLOG TOP |  NEXT»»

ページトップ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
アクセスランキング