上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
まりもるニュース 2014年10月04日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告  TOP

子どもの声は騒音か?

1: :2014/10/02(木)16:17:55 ID:

どれだけ静かにするように注意しても、ワーワーギャーギャーと
騒いでしまうのが子どもたち。
現在、東京都は、条例により様々な騒音を規制しているが、この内「子どもの声」を
規制の対象から外すことを検討していると伝えられ、賛否の声が寄せられている。

東京都は「都民の健康と安全を確保する環境に関する条例」で、
住宅街における日中の音量規制基準を40~45デシベル(時間によって異なる)と定めており、
今回、言及の対象となっているのはこの条例と思われる。
騒音の目安として、東京都は「子供のかけ足=50~66デシベル」とも示しており、
歌ったり、大きな声を出したりすることは日常茶飯事ともいえる保育園や幼稚園、
小学校などでは、この基準値を超える場合もあるのだろう。

子どもの騒音を巡っては、世田谷区の保坂展人区長が一昨年、
「役所に寄せられるクレームの中で、『保育園で子どもたちの声がうるさい』というものがある」
とツイッターでつぶやき、大きな話題となった。
また、今年9月には、神戸市東灘区の保育園の近所に住む70代の男性が、保育園に対し
「子どもの声がうるさい」として、防音設備の設置や慰謝料の支払いを求める訴えを起こし、
現在裁判が行われている。

このように各地で子どもの騒音が問題となっているなか、NHKが9月25日、
東京都が子どもの声を規制の対象から外すことも含めて条例を見直す方向で検討していると報道した。
こうした動きは、保育の専門家から「声を抑制するのは子どものストレスになり、発育上、
望ましくない」との意見が出たからとのこと。早ければ来年にも条例の改正が行われるという。

続きはこちら ライブドア/webR25
http://news.livedoor.com/article/detail/9311739/

続きを読む »

スポンサーサイト

2014/10/04 10:21 | 生活COMMENT(0)TRACKBACK(1)  TOP

ブログパーツ
■■■■新着記事■■■■
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
 | BLOG TOP | 

ページトップ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
アクセスランキング