上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
まりもるニュース 「雪男」の正体がDNAで判明してしまった(悲)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告  TOP

「雪男」の正体がDNAで判明してしまった(悲)

1: :2014/07/02(水) 18:46:01.11 ID:
「雪男」の正体はクマ、毛髪から採取のDNAで判明
2014年07月02日 14:06 発信地:パリ/フランス

【7月2日 AFP】ヒマラヤ山脈(Himalayas)の「雪男(イエティ)」が残したとされる
体毛の正体は、実はクマもしくはヤギの体毛だった──このような研究結果が、
英学術専門誌の英国王立協会紀要(Proceedings of the Royal Society B)に掲載された。


研究では、「異例な霊長類」のものとされる複数の体毛試料から採取した
DNAが調べられたという。

イエティをはじめとする未確認生物については、ネアンデルタール人(Neanderthals)
の生き残り説をはじめ、人類系統樹からの分科説や大型類人猿のギガントピテクス
(学名:Gigantopithecus)説などがある。

英オックスフォード大学(Oxford University)のブライアン・サイクス(Bryan Sykes)
教授(遺伝学)が率いた研究チームは2012年5月、複数の博物館や個人収集家から
「異例な霊長類」のものとされる体毛試料の提供を呼び掛け、遺伝子配列の解析が可能な
30件を入手した。そのうち3件はイエティものとされた。

研究の結果、イエティものとされた3件のうち1件はスマトラカモシカ
(学名:Capricornissumatraensis)と呼ばれる東南アジアのヤギのものであることがわかった。
残り2件はインドのラダック(Ladakh)とブータンからのもので、
ホッキョクグマ(学名:Ursusmaritimus)のDNAとの興味深い関連が確認された。
これらについては、ホッキョクグマの遠い祖先に由来するものか、
またはヒグマとの交配があった可能性が示されているという。

研究ではまた「ビッグフット(Big Foot)」のものとされる毛髪試料18件についても、
アメリカクロクマ、アライグマ、乳牛からヤマアラシ、オオカミ、コヨーテ、犬といった
広範囲の動物のものであることが明らかになっている。

中でも注目されたのは、米テキサス(Texas)州から入手したビッグフットの体毛房だったが、
これは毛深い人間のもので、その遺伝子の適合から欧州地域の人間のものであると判断された。

論文の筆者らは、未確認生物の存在を信じる人々やグループに対し、
主張する内容を支えるためには、より納得力のある証拠を提示する必要があると指摘する。

「研究は、『異例な霊長類』試料の種同定をめぐる長年の不明確さに終止符を打つもので、
 今後の主張でも判断の元となる厳格な基準を打ち立てるものだ」

ヒマラヤの動物の毛から抽出されたDNAサンプルと
オックスフォード大学の遺伝学教授ブライアン・サイクス。


ソース:AFPBB(2014年07月02日)
「雪男」の正体はクマ、毛髪から採取のDNAで判明
http://www.afpbb.com/articles/-/3019476

原論文: Proc. R. Soc. B
Bryan C. Sykes, Rhettman A. Mullis, Christophe Hagenmuller, Terry W. Melton and
Michel Sartori. Genetic analysis of hair samples attributed to yeti, bigfoot
and other anomalous primates.
http://rspb.royalsocietypublishing.org/content/281/1789/20140161

参考:Bigfoot Files - Channel 4(調査を企画・取材したドキュメンタリー番組)
http://www.channel4.com/programmes/bigfoot-files

2: :2014/07/02(水) 18:50:30.50 ID:
ゆめおわたw
3: :2014/07/02(水) 18:52:09.88 ID:
>>2

もう以前から言われていたこと。
そもそも登山する資金集めにデマ話つくって「その調査に行くから金ちょうだい!」としたのが
始まりなんだわ。
4: :2014/07/02(水) 18:56:54.42 ID:
ヒバゴンはどうなった?
34: :2014/07/02(水) 21:27:03.59 ID:
>>4
ネタとして終わった
42: :2014/07/02(水) 23:20:33.75 ID:
>>4

おまえは俺かw

ヒバゴンはガチだと信じてる、異論は認める。
5: :2014/07/02(水) 18:56:56.96 ID:
白人の祖先の頭蓋骨 と その他有色人種の祖先の頭蓋骨
てな話を思い出したの
6: :2014/07/02(水) 19:02:06.96 ID:
ベアったのがクマだったってオチか
7: :2014/07/02(水) 19:02:27.84 ID:
おわた

つちのこは へびの奇形

かっぱは  川遊びしてたハゲwww
8: :2014/07/02(水) 19:02:32.06 ID:
つちのこが↓
9: :2014/07/02(水) 19:03:29.37 ID:
10: :2014/07/02(水) 19:07:36.19 ID:
スマトラカモシカって書いてあるから何だ?と思って周辺分類群を見直したら
シーローと呼ばれていたアジア東部~東南部の山地に多いカモシカが
細分化されていたのか

ニホンカモシカですらJapanese serowと呼ばれるのだとの事

なお、英語だとセローだが
http://www.yamaha-motor.co.jp/mc/sportsbike/serow/
ヤマハのバイクにこの名が使われているのだ

ニホンカモシカは50kgが最大クラスだが、
大陸部のシーロー属各種は100~150kgにもなるという
ニホンカモシカ体型で体長170cmもあったら確かに怖いなw
11: :2014/07/02(水) 19:08:17.00 ID:
雪女の正体は?
14: :2014/07/02(水) 19:12:53.17 ID:
>>11ありのままで

アリのママ=女王アリ???

女王アナ
15: :2014/07/02(水) 19:13:41.06 ID:
19: :2014/07/02(水) 19:24:30.68 ID:
>>15wwwww

タイで軽トラを改造した乗り合いミニバスをシーローと呼ぶんだよな
かつては現在トゥクトゥクと呼ばれているものをサムローと呼んでいた
(今ではサムローはペダル駆動の人力車を指すという)

サムとシーが3と4なので筋は通る
また、かつてのサムロー=現在のトゥクトゥクはミゼットの改造品だった(今では全く別物)が
今のシーローはハイゼットの改造品である場合が多い

だが、
http://www.yamaha-motor.co.jp/mc/sportsbike/serow/
ヤマハのバイクのシーロー、つまり>>1のスマトラカモシカやニホンカモシカなどのカモシカ類と
関係ないのかなあ?って思ってしまう
どっちが正しいのかなと

インドのオートリキシャーは、イタリアのVespaのオート三輪を改造したものである
>>15のアリではないが、Vespaはスズメバチやアシナガバチの意味である
28: :2014/07/02(水) 20:05:33.12 ID:
>>11
かわいい
12: :2014/07/02(水) 19:09:35.45 ID:
イェティって現地語でヒグマのことなんだろ。
13: :2014/07/02(水) 19:11:30.55 ID:
ところで、ニホンカモシカの生息域についてよくこんな事が言われている

「ニホンカモシカは山地帯の生き物と思われているが、もともとは低地にいたのを
人間が低地を開発したため山地に追いやられたのである」

だが近縁のシーロー属各種も、殆ど全部が山地に生息してるみたいなんだがw
本当に、何kmも標高100m以上の起伏が殆ど無い関東平野にニホンカモシカがいたのかねえ?

また現在、やはり同様に山地帯にしかシーローガーいない地域でも、昔は低地にいたのかなあ?
少なくともスマトラカモシカなんかは標高500~3500mを好むとwikiに書いている
16: :2014/07/02(水) 19:16:19.43 ID:
次は山男の正体を明らかにせねばな
17: :2014/07/02(水) 19:18:44.73 ID:
ツチノコってあれ鼠丸のみ中の蛇だろww
20: :2014/07/02(水) 19:24:34.88 ID:
動物園のPCゲームでイエティが飼育できたけど?
21: :2014/07/02(水) 19:24:37.05 ID:
写真の後ろにイエティっぽいものが微笑んで写ってるよ
22: :2014/07/02(水) 19:30:43.15 ID:
クマー
23: :2014/07/02(水) 19:33:10.90 ID:
セツのオトコ(雪男)の招待も悪魔
24: :2014/07/02(水) 19:42:33.85 ID:
本人が雪男一歩手前な件
25: :2014/07/02(水) 19:47:25.44 ID:
くまもん
26: :2014/07/02(水) 19:49:59.65 ID:
ネッシーの正体より全然マシ
27: :2014/07/02(水) 19:50:30.68 ID:
ここまで、
クマーと人間のハーフの可能性
無し…
29: :2014/07/02(水) 20:16:24.08 ID:
>>1
>これは毛深い人間のもので、その遺伝子の適合から欧州地域の人間のもので
>あると判断された。

誰だよ
30: :2014/07/02(水) 20:34:53.31 ID:
>>1
おいちゃん!それを言っちゃーおしめえよ!
31: :2014/07/02(水) 20:42:59.85 ID:
なにをいまさら


何十年かかってるんだ
32: :2014/07/02(水) 20:49:17.01 ID:
2003年の足のミイラは熊じゃないよ
http://news.bbc.co.uk/2/hi/asia-pacific/3175926.stm
33: :2014/07/02(水) 21:16:50.22 ID:
>ホッキョクグマの遠い祖先に由来するものか、
またはヒグマとの交配があった可能性

まだ夢は終わって無いじゃん

交配があった可能性
これなら新種の可能性もあるじゃん
35: :2014/07/02(水) 22:04:43.94 ID:
36: :2014/07/02(水) 22:40:02.49 ID:
熊の毛皮を被った人の可能性はあるだろ。
37: :2014/07/02(水) 22:53:13.76 ID:
このオッサンが雪男か
38: :2014/07/02(水) 22:56:48.81 ID:
今更かよ
だいぶ前にDNAでシロクマだったって結果出てたろ
39: :2014/07/02(水) 23:01:07.91 ID:
確かシロクマというか
ホッキョクグマなんだよね
40: :2014/07/02(水) 23:15:57.67 ID:
こりゃビックリだぜ
41: :2014/07/02(水) 23:19:13.59 ID:
ラダックとブータンの毛のミトコンドリアDNAがホッキョクグマの更新世の化石と100%一致
ただし現生のホッキョクグマとは一致しなかったと書いてある
論文では未知の種、ホッキョクグマの色違い、ヒグマ/ホッキョクグマの雑種の3つの可能性が挙げられている
43: :2014/07/03(木) 00:15:04.00 ID:
だから俺は言ったんだよフットではなく
ビッグマウスだってね・・・・ha、ha、ha,ha
44: :2014/07/03(木) 00:54:54.34 ID:
余計なことを
45: :2014/07/03(木) 00:56:42.88 ID:
やっぱり直接捕まえないと面白くない
元スレ:http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/scienceplus/1404294361/
関連記事

2014/07/03 03:28 | 科学・化学・工学COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

ブログパーツ
■■■■新着記事■■■■
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 

ページトップ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
アクセスランキング