上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
まりもるニュース オーストラリアで小型有袋類が激減、野生化したネコが原因か

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告  TOP

オーストラリアで小型有袋類が激減、野生化したネコが原因か

1: :2014/05/08(木)21:44:31 ID:


※参考画像:フクロネコ

【AFP=時事】オーストラリア北部で、
バンディクートやフクロネコ、ポッサムといった
小型有袋類の個体数が激減しており、
野生化したネコがその原因とみられるとする報告が
7日に発表された。

 野生動物の保護を専門とする
タスマニア大学(University of Tasmania)の
クリス・ジョンソン(Chris Johnson)教授はAFPの取材に対し、
小型哺乳類はオーストラリア全域で絶滅の危機に瀕しているが、
北部での個体数の変化は際立っていると指摘。
「はっきりしているのは、さまざまな種類の動物の
 個体数が劇的に減少しているということだ」

と述べた。

 科学者らはこの変化を「新たな減少の波」と捉えて
議論している一方で、1990年代前半に
北部特別地域(Northern Territory)の自然保護区、
カカドゥ国立公園(Kakadu National Park)を中心に
個体数の減少が顕著になったことは分かっているが、
個体数がどれほど急速に減少しているのかは
はっきりしていないという。

 ジョンソン教授によると、
カカドゥ国立公園からはここ数十年間で、
ネズミに似たバンディクートやフクロネコ、
イタチに似たクロオファスコガレーヌなど
約20種におよぶ在来種の小型哺乳類が姿を消し、
しかも同じような現象がほかの地域でも場所でも発生している。


 現在の哺乳類の個体数のデータベースを
分析した今回の調査結果は、同国の首都キャンベラ(Canberra)で
7日に開催された専門家会議で発表された。
ジョンソン教授によると、この分析により、
異なる種の動物の間で現在起きている絶滅の波と、
過去の絶滅現象との比較が可能となり、
いくつかの共通点も見いだせたという。

 ジョンソン教授は、現在の絶滅現象が乾燥し
開けた場所の地面に生息する小型動物の間で
主に発生していることから、
18世紀後半に欧州から移住した植民者たちによって
持ち込まれたネコが原因であることを強く疑わせるものだと指摘した上で、
「同様の絶滅パターンが、オーストラリア南部で
 キツネなどの捕食動物によって
 引き起こされたことが分かっている」
と述べた。

個体数の減少がみられるのはネコが捕食する動物で、
「ネコがいない場所では、野生動物は減少していない」
という。

 さらにジョンソン教授は、ネコは長い間
豪大陸に生息していたことと、動物の個体数減少が
比較的最近に始まったことから、
なぜネコが時を経て在来種に壊滅的な被害を及ぼす
捕食動物となったのかという疑問が残ると指摘。

北部地域で大規模な開墾や疫病の
まん延があったことを示す証拠がないことを鑑みると、
牧畜農家たちによる野焼きが今回の事態に
影響を与えたようだとの見解を示している。

〈以下略〉

ソース
AFP
http://news.livedoor.com/lite/article_detail/8811679/

2: :2014/05/08(木)21:54:26 ID:
南極海に沢山いる
鯨の心配はするのにねぇ。
3: :2014/05/08(木)21:57:54 ID:
>>2
鯨類は全種ワシントン条約で
絶滅の可能性あり以上に分類されてるぞ
9: :2014/05/09(金)01:55:49 ID:
>>3
ちゃんとデータ更新されてんのそれ?
14: :2014/05/09(金)10:47:27 ID:
>>9
されてないよ
データ変えるほどのデータが無い

日本が提出したデータは根拠不十分として突き返されてる
17: :2014/05/09(金)11:32:10 ID:
>>3
>鯨類は全種ワシントン条約で
 絶滅の可能性あり以上に分類されてるぞ

ワシントン条約は希少動植物の輸出入に関する条約で
輸出入が伴わない場合に公海上で
行われることに関しては効力がないよ。

>>14
>されてないよ
>データ変えるほどのデータが無い
>日本が提出したデータは
 根拠不十分として突き返されてる


絶滅危惧種の認定を行ってレッドリストとして公開している
国際自然保護連合(IUCN)のデータなら
日本が提出したデータをベースに更新されてるよ。

IUCNのサイトで英語名か学名で検索すると
変遷がわかるから調べてみるといいよ。
23: :2014/05/09(金)18:12:30 ID:
>>17
効力の問題じゃなくて認識の問題
しかもワシントン条約の対象動物ってIUCNが決めてるし
4: :2014/05/08(木)21:58:59 ID:
他国のクジラやイルカより
自国の生物に目を向けたら良いのに
5: :2014/05/08(木)22:06:36 ID:
外来種を殺せ
6: :2014/05/08(木)22:07:07 ID:
>>5
オーストラリアの白人か……
7: :2014/05/08(木)22:10:54 ID:
オーストラリア人が食べた。
8: :2014/05/08(木)22:13:06 ID:
面白がって野生動物狩りとか
したからじゃないのぉ~?
10: :2014/05/09(金)02:18:55 ID:
豪州ってイルカとクジラにしか興味なさそう
白人の悪い所だけ集めたような国だよな
11: :2014/05/09(金)02:35:21 ID:
オーストラリア人「日本の捕鯨ばかり気にしていたら、
           自国の動物のほうが
           ピンチだったでござる(´・ω・`)」
12: :2014/05/09(金)02:37:32 ID:
オーストラリアではカンガルーの虐殺(駆除)してたよな。
そのせいじゃね?
13: :2014/05/09(金)04:26:16 ID:
旨かったアル
15: :2014/05/09(金)10:53:20 ID:
ランドシェパード作れよ
16: :2014/05/09(金)11:03:31 ID:
白人によって絶滅させられた種が
どれほどいるのか・・・

20億羽以上もいたリョコウバトも
遊びで殺しまくって絶滅させたもんなw
18: :2014/05/09(金)11:39:58 ID:
オーストラリアでは飼い主がいない野生の猫
(日本での野良猫のこと)を定期的に駆除している。

これは在来種保護の目的で行われる駆除であり、
多い年には数千頭単位で銃や罠を使って駆除している。

※欧米諸国では日本のように保健所等の公的機関が
飼い主から飼い犬や飼い猫を引き取って殺処分を行うことはないが、
飼い主がいない犬猫や飼い主が判明しない犬猫は
公共機関の認可を受けた民間機関や動物福祉団体が
捕獲し殺処分を行っている。

イギリスやカナダではこのようにして捕獲された犬猫が
動物飼料会社に販売され肉骨粉に加工されていたことから、
狂牛病騒ぎの時には犬や猫を材料とした
ペットフードや牛や豚や鶏の餌が販売されていると
話題になったこともある。
19: :2014/05/09(金)13:01:50 ID:
オーストラリアは野良猫を駆除し過ぎて
穀物倉庫開けたら何万匹もの鼠が・・・
20: :2014/05/09(金)13:07:28 ID:
なんかオーストラリアって、やることが極端っていうか
バランスとれてないよな

悪いけどちょっと浅はかな印象…
21: :2014/05/09(金)14:15:45 ID:
>>20
フンコロガシは貴重な成功例かもね?wwww
22: :2014/05/09(金)14:21:11 ID:
カンガルーが増え過ぎてカンガルー肉食推奨w
元スレ:http://uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1399553071/
関連記事

2014/05/10 03:00 | 動物・生物COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

ブログパーツ
■■■■新着記事■■■■
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 

ページトップ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
アクセスランキング