上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
まりもるニュース 摂取する食事とガンの発生リスクにはほとんど関連性がないことが判明

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告  TOP

摂取する食事とガンの発生リスクにはほとんど関連性がないことが判明

1: :2014/05/12(月)10:09:55 ID:

摂取する食事とガンの発生リスクには
ほとんど関連性がないことが判明 - GIGAZINE
http://gigazine.net/news/20140512-foods-cannot-prevent-cancer/

《ニュース概要》
日本人の死因の第一位をここ30年にわたりキープし続けてきた、ガン。
そのリスクは脂肪分の多い食事や、肉中心の食事など、
不健康な食事により高まると従来考えられてきました。

しかし、5月12日配信のGIGAZINEの記事によると、
今年四月に開催された全米ガン研究会議で発表された
研究結果によると、食べる食事とガン発生リスクとの間には
ほとんど関連性が見られなかったと言うのです。


皮肉にも、長年にわたって食事とガンの関連性を研究してきた、
ハーバード大学の ウォルター・ウィレット氏が発表したということです。
報告を行うウィレット氏の声は痛ましくすら思えるものだったとか。
また、リスク上昇だけでなく、食事がリスクを軽減する効果も
ほぼ認められないという結果が。
今まで市井の人々が、健康番組や雑誌、新聞にあおられて、
特定の食材を買いあさっていたのは一体何だったのか、という状態です。

学会での関心は、すでにガン細胞の慢性炎症などに対する免疫療法へとシフトしており、
従来の食事によるガン抑制はすでに時代遅れ、といった状況ということですね。
但し、肥満の管理がガン発生に影響がある、という事は一定の信頼性があり、
他の病気を予防する意味でも、健康的な生活を心がける意味はあるようです。

このニュースは記者がその概要をまとめました。
詳細についてはリンクから記事全文を読んで下さい。

それなり
Twitter@opensorenari

2: :2014/05/12(月)10:12:46 ID:
細菌やウィルスが原因なんだろ
3: :2014/05/12(月)10:19:57 ID:
これって食物学のかなり根底的な見直しだろう。 
でも害がある食べ物がないというのは全く有り得ない。
4: :2014/05/12(月)10:36:55 ID:
ブロッコリーがガン予防にいいと聞いて
食べ続けてた俺涙目
5: :2014/05/12(月)10:38:57 ID:
ビーフ売るのに必死?
6: :2014/05/12(月)10:44:17 ID:
全米ガン研究会議
(American Association for Cancer Research:AACR)
か、非常に権威ある学会の主催なんだろうな。 
どこかのポジショントークやステマじゃなくて。 
でも腑に落ちない。
7: :2014/05/12(月)10:45:23 ID:
アルコール飲料は除く か?
8: :2014/05/12(月)10:47:50 ID:
そーじゃねーかと思ってた速報
9: :2014/05/12(月)10:50:15 ID:
まさかアメリカの遺伝子改造牛やブタを
日本人に喰わせる為の研究か?
けんこーには、えいきょー ありません。
10: :2014/05/12(月)10:52:42 ID:
>>9
アメリカ人が先だからそれはないだろうが、
遺伝子改良の無害性喧伝に金を出すってことはあるかもね。
11: :2014/05/12(月)10:54:45 ID:
アメリカでは色の濃い野菜を食べよう!キャンペーンを長年やって
先進国で始めて唯一、ガンが減った
食べるものは大事だよ、信じないならそれで結構
12: :2014/05/12(月)11:00:22 ID:
人種にもよるんじゃない?

日本人が明日から欧米と同じような飯にしたら即病気になるし、
逆に日本風にしたら外人は即塩分過多で死んじゃうだろうしねw
そら根本的に永遠不動のナンバーワン理由は高齢化だろうけどさ
13: :2014/05/12(月)11:02:45 ID:
まぁオレ流の結論としては、癌だけが病気じゃないしね。
ファストフードだけの食事が体に悪いのは自明だし。
14: :2014/05/12(月)11:03:14 ID:
年齢別の癌発症率って減ってたんじゃなかったっけ?
15: :2014/05/12(月)11:04:19 ID:
ガンは地球の免疫システムの一つなのかもしれないな
インフルエンザしかり、エイズしかり
増えすぎた種は抑制される運命にある
16: :2014/05/12(月)11:05:14 ID:
ウィレット氏が食とガンの関係を追い続ける一方で、
会議の参加者が出席したレセプションパーティーでは
豪華なローストビーフやチーズにワイン、
そして豪勢なフルーツビュッフェが振る舞われ、
翌朝から開幕した会議の場にはコーヒー片手に
参加する研究者の姿が見られたそうです。
http://gigazine.net/news/20140512-foods-cannot-prevent-cancer/
17: :2014/05/12(月)11:07:18 ID:
なる奴はなる
ならない奴は何やってもならない


それだけの話
18: :2014/05/12(月)11:08:59 ID:
コーヒーって癌になりにくいとか逆になりやすいとか
情報がでてきてどっちかわからないよな。
19: :2014/05/12(月)11:13:52 ID:
>>1
>結局のところ、なるべく病気にならないようにするには
 「健康的な生活を心がける」
>のが一番というわけです。


なんじゃそれ、読んだ時間返せw
20: :2014/05/12(月)11:19:55 ID:
不健康な食生活すると、癌になる前に死ぬから、
こんなデータ出たんじゃないの?
21: :2014/05/12(月)12:34:13 ID:
牛乳危険厨の元祖が折れたかw
23: :2014/05/12(月)12:56:15 ID:
ガンには殆ど影響しないかもしれないけど、
他の病気には大いに関係あるから
何食っても関係無いとはならんからな
24: :2014/05/12(月)12:59:53 ID:
>摂取する食事とガンの発生リスクにはほとんど関連性がない
ガッハッハッ そんなこったろうと思ったぜw
25: :2014/05/12(月)14:57:50 ID:
食品添加物は一部ありそう。
タバコや排気ガス、PM2.5に比べたら些細なもんだろうけど。
26: :2014/05/12(月)16:34:47 ID:
統合失調症は癌になりにくい、と聞いた事がある
27: :2014/05/12(月)16:38:15 ID:
食品業界から圧力でもかかったのか?
28: :2014/05/12(月)16:41:43 ID:
癌は関係ないけど成人病予防のためには
健康的な食生活が強いられるのには変わりないな。
29: :2014/05/12(月)16:47:15 ID:
口に入るものと発ガンリスクが関係ないというのはウソ。
食物じゃなくても密閉した印刷所で胆肝癌発症したりは現実にある。
あまり関係ないってところがミソ。
30: :2014/05/12(月)16:51:51 ID:
癌との関連で騒いでたやつは
否定されても痴呆とかに関連付けてまた同じように騒ぐだろうな
31: :2014/05/12(月)18:22:56 ID:
着色料は発ガン性確認されてるの有ったろ?
大抵は日本で認可されてないと思うが。
32: :2014/05/12(月)18:23:32 ID:
塩分と胃癌は関連性ないの?
元スレ:http://uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1399856995/
関連記事

2014/05/12 23:01 | 医療・健康COMMENT(1)TRACKBACK(0)  TOP

ブログパーツ
■■■■新着記事■■■■
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

コメント

朗報かもしれないが、何か臭うんだよな・・・医学界と食品業界には都合がいい報告だから。ただ、発ガン性物質を含んでいれば当然にリスクは上がるだろうし、人工添加物や糖質の過剰摂取が原因の場合もある。だから単純に食事というカテゴリーだけならガン発生リスクはほとんど関係ないと言えてしまうのではないか。人は遺伝や体質、環境など個人差もあるし、基本的な食材に原因があるはずがないから。それにガン発生メカニズムでさえ完全に解明されていないのだから。その辺考えるとやっぱり健康には多少気を配ったほうが懸命かな、と個人的には思う。

No:29 2014/05/29 09:41 | 名無しさん@おーぷん #- URL [ 編集 ]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 

ページトップ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
アクセスランキング